kawaguchiの日記

首都大学東京・経済学徒の講義ノート

経済学説史 第5回

重農主義

18世紀中葉のフランスで学派を形成した経済思想。

農業を富の源泉と考え、農産品の自由な取引、つまり農産品関税の廃止を提唱した。

一方、工業は富の源泉とは考えなかった。

フランソワ・ケネーの『経済表』が著名。

アダム・スミスはこの説を評価したが、工業の軽視に関しては反対した。

 

ルイ14世の経済政策(17世紀、絶対王政

財務総督ジャン・バティスト・コルベールが重商主義政策を推進。

税の拡張、貿易保護、国内産業振興(外国職人の雇用、厳格な製造方法の規制)、インフラ整備、植民地経営などを実践した。

 

○ジョン・ローの貨幣改革

王立銀行を創設し、政府の国債を引き受けるかわりに、政府から紙幣発行権を付与された。王立銀行は紙幣を大量に発行し、投資家の土地などの資産と紙幣を交換、投資家はその紙幣をローが設立したミシシッピ会社に株式投資した。この流れ当会社は株価が跳ね上がり、バブルを形成。物価も上昇したし、やがてバブルも崩壊して会社は崩壊した。

貨幣理論としては的を射ていたが、人々の思惑が絡み合い、理論が捻じ曲がってしまった。理論はそう簡単に現実に適応できないという教訓である。

 

○リチャード・カンティロン

『商業試論』:ジェヴォンズはこれを最初の体系的な経済学所と評した。

家庭事情を例にとって労働供給のメカニズムを説明。また、他の例で労働需要のメカニズムを説明。

労働需要が労働供給の配置を決定するということを論じた。

貨幣供給拡大→鉱山のもとで現地消費→貨幣の国外流出→国内衰退という流れを説明。カンティロン効果とも呼ばれる。

投資と消費の比率から利子率を説明

贅沢な国:消費ばかりで投資しない→利子率上昇

倹約な国:消費を抑えて投資する→利子率下落

 

○フランソワ・ケネー

『百科全書』の「穀物

自由貿易の下では、市場価格は安定し、農業者の所得も増える。

『経済表』

農産品と製品と貨幣の循環を農業者、地主、職人の三者間で図示。

農業者のみが「純生産物」を生み出すことができる。

農業以外からは国の富と繁栄はもたらされない。

徴税をするなら土地にのみ税をかけるべき(地租単一税)

 

○アンヌ・ロベール・ジャック・テュルゴー

ルイ16世治世下で、財務総督を務めた。

『富の形成と分配』

投資先によって利子率は異なるが、それぞれの収入が相互に働きあい、均衡をもたらす。

高い利子率ほど投資が少ないという利子と投資の反比例を示した。