kawaguchiの日記

首都大学東京・経済学徒の講義ノート

Entries from 2017-05-10 to 1 day

経済学説史 第5回

○重農主義 18世紀中葉のフランスで学派を形成した経済思想。 農業を富の源泉と考え、農産品の自由な取引、つまり農産品関税の廃止を提唱した。 一方、工業は富の源泉とは考えなかった。 フランソワ・ケネーの『経済表』が著名。 アダム・スミスはこの説を評…

経済学説史 第4回

○重商主義 貿易収支を黒字にすることを最優先する経済政策思想(貿易差額主義) アダム・スミス以前の16~18世紀ごろのイギリスの経済思想の総称 ○物価革命 大航海時代の主目的は、金・銀などの貴金属を求めるものだった。 マルコ・ポーロが記述した「黄金の…